よろずtrain photo blog
過去の写真放出のブログです
★蒼い桜★
2751_17MDC52n.jpg

日没後の蒼い時間、列車はゆっくりと駅に着く。




わずかに停まると。



2751_22MDC52n.jpg

走り去っていった。

1999年5月 花輪線 湯瀬温泉(秋田県)
スポンサーサイト
★さよなら長大4線 12日目3月20日その3★
この日の最初はこちら

青森駅には14時26分発の「たざわ」24号が待機していた。
盛岡着は18時57分で、新幹線に乗り継ぐと22時24分には上野に着く。

0807_37n_EC485たざわn

続きを見る...
★桜と腕木6★
2751_01_n.jpg

散りゆく桜。


2751_04Mn.jpg

スズメも名残惜しそうに見つめる。


2751_09_n.jpg

駅が賑やかになる時。


2751_14_DC52n.jpg

列車が去ると、元の静けさがやってくる。

1999年5月  花輪線 湯瀬温泉(秋田県)
★林をいく★


白樺が見える林の中を列車が坂を登ってきた。

1999年5月 花輪線 松尾八幡平ー安比高原(岩手県)
★桜と腕木5★


なんだか、同じような写真が続いてしまいますが。。
桜と腕木の駅に列車が到着。
山間の駅では5月が桜のシーズンだ。

1999年5月 花輪線 湯瀬温泉(秋田県)
★静かな光景★


腕木を切り替える「信号てこ」の部屋。
列車が来るとき以外は静かな光景。

1999年5月 花輪線 湯瀬温泉(秋田県)
★桜と腕木4★


曇り空ではあるけど、のどかな雰囲気の駅に列車が到着。


2750_03_DC52n.jpg

先っぽが緑に。
そろそろ桜の季節も終わりですね。

1999年5月 花輪線 湯瀬温泉(秋田県)
★桜と腕木3★


散りゆく桜、ちょっとした風でも一面の桜吹雪。
ただし、列車とはタイミング合わず。

1999年5月 花輪線 湯瀬温泉(秋田県)
★さよなら長大4線 12日目3月20日その2★
第98ランナー 海峡線(江差線)[3126レ]快速 海峡6号(函館発青森行)
函館 10:40 → 12:13 竜飛海底 96.5km 1h33m



続きを見る...
★桜と腕木2★


桜の木越しの腕木信号機
ボケがちょっと汚いですね。


2749_19_DC58n.jpg

桜の駅に列車がやってきた。


2749_22_DC58n.jpg

出発する列車。
駅員が不動で見送っていた。

1999年5月 花輪線 湯瀬温泉 (秋田県)
★桜の向こうに★


北国の桜は5月に満開に。
その向こうに列車と腕木

1999年5月 花輪線 荒屋新町(岩手県)
★通過儀礼★


列車の到着とともにタブレット交換が行われていた。


2749_13_DC58n.jpg

人の手で繰り広げられる安全対策。
アナログですが、信頼できますね。

1999年5月 花輪線 荒屋新町(岩手県)
★桜と腕木★


曇り空で色合いがイマイチだけど、腕木信号機と桜の組み合わせがなんとか撮れた。


2749_06_DC52n.jpg

駅を出て加速してくる列車。

1999年5月 花輪線 荒屋新町(岩手県)

★青紫の世界★


日没後、青紫色の空に機関車がすべる。


2748_28_EC485n.jpg

特急列車も終着を目指して疾走する。

1999年5月 東北本線(当時) 苫米地ー北高岩(青森県)
★夕日に浮かぶ★


夕日に機関車のサイドが照らし出された。


2748_17MEC485n.jpg

特急列車も夕日に染まる。

1999年5月 東北本線(当時) 苫米地ー北高岩(青森県)
★2015年冬北海道 1日目その8★
この日の最初はこちら


夜遅くまで駅に残った理由はこれ。
この年の春に引退する711系。
岩見沢行き終電1本前の[285M]
風格を持って札幌駅に進入。

W05A0610L.jpg


続きを見る...
★白い花★


なんの花だろう。
梅の花が終わりころだけど、緑混じりの白色の花が満開でした。
あまりのボリュームに遠くからでもよく見えたので、1枚撮りました。

1999年5月 東北本線(当時) 剣吉ー北高岩(青森県)
★一本桜★


線路脇の民家に立派な桜が咲いていた。
曇り空だったけど、存在感抜群でじっくり構えて撮った1枚。

1999年5月 花輪線 小屋の畑ー荒屋新町(岩手県)

Copyright ©   2005 ぱれお allrights reseved. Powered By FC2 allrights reserved.