よろずtrain photo blog
過去の写真放出のブログです
★車窓から★


ローカル線乗車の一コマ。
しっとりとした感じにしあがったかな?


3093_36_.jpg

車窓には秋の風景が流れる。

2000年10月 花輪線 
Canon EOS-1HS EF28-70mm f2.8L
スポンサーサイト
★日が暮れて★


夜の停車はやはり静けさを感じる。


3094_01_.jpg

こんな看板もありました。

2000年10月 下北交通(廃線) 下北(青森県)
Fuji RDPII 他 Canon EOS-1nHS EF28-70mm f2.8L
★ススキの道8★



夕日に照らされて黄色く輝くススキ。
晴れると至福の時間。

2000年10月 下北交通(廃線) 陸奥関根ー川代(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF70-200mm f4.0L
★ススキの道7★



足回りを覆うススキ
薄日を浴びてぼんやり薄赤色に。

2000年10月 下北交通(廃線) 田名部ー樺山(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF28-70mm f2.8L
★ススキの道6★



線路脇に広くススキが生い茂っていた。
光が無いのが残念。

2000年10月 下北交通(廃線) 田名部ー樺山(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF70-200mm f4.0L
★91年11月仙山17★



西に日が傾き斜光線になったなか、貨物列車がやって来た。

1991年11月 仙山線 高瀬ー楯山(山形県)
Fuji HG400 Canon A-1 Tokina 80-200mm f2.8
★ススキの道5★


線路脇にひっそりと生えていたすすき。
アップにするとちょっと存在感が増す。

2000年10月 下北交通(廃線) 樺山ー陸奥関根(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF28-70mm f2.8L
★ススキの道4★


ススキ越しに駅に到着する列車。


3092_19_DC85.jpg

わずかな停車時間ですぐ発車。

2000年10月 下北交通(廃線) 樺山(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF300mm f2.8L
★さよなら長大4線 6日目3月11日 その5★
この日の最初はこちら

名寄本線の列車が時刻変更で遅くなったせいで乗り換え時間はわずか2分足らず。

第50ランナー 急行[302D]宗谷(稚内発札幌行)名寄 10:44 → 12:44 滝川 129.5km


続きを見る...
★ススキの道3★



ススキに埋もれるように延びる線路。
秋の柔らかな日射しがよく似合う。

2000年10月 下北交通(廃線) 樺山ー陸奥関根(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF70-200mm f4.0L
★川代★


タイトルはそのまま駅の名前です。
駅名看板は下北半島をデザインしたもの。


3092_03_DC85.jpg

ワンマン運転のミラーの付いた駅に列車が到着。

2000年10月 下北交通(廃線) 川代(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF28-70mm f2.8L他
★ススキの道2★



すすきの茂る細道を列車はいく。
こういった光景には単行が似合う。

2000年10月 下北交通(廃線) 田名部ー樺山(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF70-200mm f4.0L

しかし、スキャンがひどいな・・、折りをみて取り直そう。
★ススキの脇をいく★



列車の通過後振り向けば、線路脇のススキがアクセントになった。

2000年10月 大湊線 有戸ー吹越(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF300mm f2.8L×1.4
★海を望む★


海をバックに列車がやって来た。
もうちょっと望遠が欲しいところ。
これでも420mmだったが。


3091_23_DC40.jpg


後ろに見えるのは下北半島の先っぽだ。

2000年10月 大湊線 有戸ー吹越(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF300mm f2.8L×1.4
★湖畔をいく★


どんよりとした曇り空。
寂しい雰囲気の中、列車のライトが水に映る。

2000年10月 下北交通(廃線) 田名部ー樺山(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF70-200mm f2.8L
★ススキの道★


両脇をススキに覆われた小径を行く。

2000年10月 下北交通(廃線) 区間失念(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF70-200mm f4.0L
★看板★



下北駅にあった、下北交通の看板。
ニホンザルとツキノワグマ。
ニホンザルは有名だけど、やはりクマもいるのかな?

2000年10月 下北交通(廃線) 下北(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF28-70mm f2.8L
★前を見る★



まっすぐと延びる線路、じっと前を見て運転席に座る。

2000年10月 下北交通(廃線) 車内
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF17-35mm f2.8L
★さよなら長大4線 6日目3月11日 その4★
この日の最初はこちら


西興部には20分の滞在。
早くも上り列車がやって来た。


続きを見る...
★雲が・・★


太陽が雲で隠された。
空はそこそこ青いので、辺りは青っぽく。


3091_05_.jpg

不思議なかっこうの信号。
青空に映えていた。

2000年10月 下北交通(廃線) 正津川ー川代(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF70-200mm f2.8L
★青空に映える★


3091_00_.jpg

3091_02_.jpg

済んだ空を思いっきり落として、濃い色に。
青も濃くなると黒くなりますね。

2000年10月 下北交通(廃線) 正津川(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF17-35mm f2.8L
★91年11月仙山16★



1423_37n_EC485.jpg


やはりまだ紅葉には早かった山寺の麓を列車がいく。
もう1週間後くらいだったか?

1991年11月 仙山線 面白山高原ー山寺(山形県)
Fuji HG100 Canon New F-1 NFD50mm f1.4
★駅を出る★


駅の境がわかりにくいのがローカル線ならでは。
無造作な景色の駅を列車は発車して行く。

2000年10月 下北交通(廃線) 正津川(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF70-200mm f2.8L
★照らす★


ライトが目立つ時間、ススキがライトの光に浮かび上がる。

2000年10月 下北交通(廃線) 樺山(青森県)
Fuji RHPIII Campm EOS-1 EF300mm f2.8L

2001年11月は早くもネタ切れなので、また2000年10月に戻ります。
★晩秋の朝2★


3357_34_EC103.jpg


わずかに残った紅葉が朝の光に透けていた。

2001年11月 武蔵野線 東浦和ー東川口(埼玉県)
Fuji RDPII Canon EOS-1vHS EF70-200mm f4.0L
★朝日の頃★



秋の太陽がゆっくりと昇って来た。
通る列車は奇麗なシルエットになって走り去る。

2001年11月 武蔵野線 東浦和ー東川口(埼玉県)
Fuji RDPII Canon EOS-1vHS EF17-35mm f2.8L
★未明の空★


夜明けのグラデーションが空を染める。


3357_06_EC583.jpg

夜行列車が迎える朝。
車内で見ている人はいるだろうか?

2001年11月 武蔵野線 東浦和ー東川口(埼玉県)
Fuji RDPII Canon EOS-1vHS EF17-35mm f2.8L
★さよなら長大4線 6日目3月11日 その3★
この日の最初はこちら


雪の中、馬が放牧されていた。


続きを見る...
★朝焼けの道★



日が出たばかりで朝のもやもや感のある光景の中、列車は鈍く光った。

2001年11月 武蔵野線 南越谷ー吉川(埼玉県)
Fuji TREBI100C EOS-1vHS EF17-35mm f2.8L

11月になりました。
2001年の写真からお送りします。
とは言ってもすぐネタ切れする予定。

Copyright ©   2005 ぱれお allrights reseved. Powered By FC2 allrights reserved.