よろずtrain photo blog
過去の写真放出のブログです
★海を望む★


バックに海を望む。
もっと青い海だったら良かったけど、叶いませんでした。

2000年10月 下北交通(廃線) 陸奥関根ー川代(青森県)
Fuji RHPIII Canon EOS-1HS EF300mm f2.8×2
スポンサーサイト
★晩秋の朝★
3087_24_EC583.jpg

何となくはっきりしない晩秋の早朝、東京からの列車が鈍い朝日にちょっとだけ赤く染まる。

2000年10月 東北本線(当時) 小川原ー上北町(青森県)
Fuji RHPIII Canon EOS-1HS EF70-200mm f2.8
★91年11月仙山15★



ちょっと雲は多かったけど、まずまずの天気だったので山寺にあがってみた。
続きを見る...
★さよなら長大4線 6日目3月11日 その2★
この日の最初はこちら

ほんのり雪がこびりついた[622D] 
連結用ドアが開いていた。


続きを見る...
★夜の発着★


ひっそりとした小さな駅に列車はやって来た。
暗闇に光を残して発車して行った。

2000年10月 下北交通(廃線) 樺山(青森県)
Fuji RHPIII Canon EOS-1HS EF70-200mm f2.8L
★ソフトな★


ソフトフィルターを使用して撮った車内。
なんとなくほんわかした感じに。


3090_24_DC85.jpg


3090_20_DC85.jpg


手動の文字がなんか良い。

2000年10月 下北交通(廃線) 車内(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF28-70mm f2.8L
★トンボの眼鏡は・・★


3090_27M.jpg


この写真を見返して思わず「とんぼ」の唄を思い出しました。。

2000年10月 下北交通(廃線) 下北(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF17-35mm f2.8L
★蒼い空に★


3090_07_DC85.jpg


秋の透き通る蒼い空を見上げて。

2000年10月 下北交通(廃線) 下北(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF17-35mm f2.8L
★規則正しく★



ホームへ降りる駅の階段。
両脇には規則正しく窓が並んでいた。

2000年10月 東北本線(当時) 小湊(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF17-35mm f2.8L
★青い空に★



晴れ上がって来た青い空。
駅名も輝いた。

2000年10月 東北本線(当時) 小湊(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF28-70mm f2.8L
★収穫後2★



3089_30_ED75.jpg

大きな籾がいっぱいなっている。
天日干しはおいしいのだろう。

2000年10月 東北本線(当時) 清水川ー小湊(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF28-70mm f2.8L
★収穫後★



3089_33_ED75.jpg


この地方独特の積み重ね型のはさ掛け。
田んぼのあちこちに生えていた。

2000年10月 東北本線(当時) 小湊ー西平内(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF28-70mm f2.8他
★91年11月仙山14★


1423_09n_EC485.jpg

こちらはばりばり順光のアングル。
列車の色はやはり奇麗に出る。

1991年11月 仙山線 面白山高原ー山寺(山形県)
Fuji HG100 Canon New F-1 Tokina 80-200mm f2.8
★待機★


3089_10_EC583.jpg

回送として準備完了。
運転区に整備に戻る。

2000年10月 東北本線(当時) 青森(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF28-70mm f2.8L
★さよなら長大4線 6日目3月11日 その1★
全体の最初はこちら
前日の最初はこちら
標津編最初はこちら
名寄編最初はこちら

3月11日は5時過ぎに宿を出る。
紋別の駅前は白々と明けてきた頃だった。


続きを見る...
★二つ星★


3088_34_EC583.jpg

3088_35_EC583.jpg

結果的には電車三段式と言うのはこの形式しかなかったことに。
唯一無二の照合でした。

2000年10月 東北本線(当時) 青森(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF17-35mm f2.8L
★終着★



3088_19_EC583.jpg


3088_32MEC583.jpg


終着駅に着いた列車にはなんか安堵感みたいなものが漂う。
朝の光がそう思わせるのかもしれない。

2000年10月 東北本線(当時)  青森(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF70-200mm f2.8L他
★朝日を浴びる★



3088_27_EC583.jpg


3088_30MEC583.jpg

駅に着いた寝台列車。
爽やかな朝日が車体に当たり車体を輝かせていた。

2000年10月 東北本線(当時) 青森(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF28-70mm f2.8L
★陰影★



3088_14_EC583.jpg

朝の光が車体に影を落とす。
影と日向の境目がいい感じだった。

2000年10月 東北本線(当時) 青森(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF70-200mm f4.0L
★朝の停車駅★



まだ、明けたばかりの駅に到着。
ちょっと出てみるとひんやりした空気が漂う。

2000年10月  東北本線(当時) 野辺地(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF17-35mm f2.8L
★朝が来た★
3088_10_EC583.jpg

朝を告げる放送の後、徐々に活動が始まる車内。
まだ寝ているところも。


3088_05_EC583.jpg

乗務員室の窓からも外の光が。


3088_11_EC583.jpg

ブラインドを通して外の明かりが一夜を過ごしたベッドをけだるく演出。

2000年10月 東北本線 はくつる車内
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF17-35mm f2.8L
★夢の中2★


洗面所の光が優しく染める。

2000年10月 東北本線 はくつる車内
Canon EOS-1nHS EF17-35mm f2.8L
★91年11月仙山13★


紅葉にはまだ少し早い山中をいく。


1423_13n_EC485.jpg

つばさはこの時間は後追いしか撮れず。

1991年11月 仙山線 面白山高原ー山寺(山形県)
Fuji HG100 Canon New F-1 Tokina 80-200mm f2.8
★夢の中★



3087_04_EC583.jpg



3087_05_EC583.jpg



3087_18_EC583.jpg

列車の走行音と車体のきしみ音のみが聞こえる車内。
夜汽車の車内は更けて行く。

2000年10月 東北本線 はくつる車内
★いざ東北へ4★


上野駅にはなんだかやはり夜行列車が似合う。



3086_22a_EC583.jpg

乗車をすると独特のデッキが。


3086_28a_EC583.jpg

長細く細いドアは寝台特急特有のもの。
何か意味があるのだろうか?

2000年10月 東北本線 上野(東京都)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF17-35mm f2.8L
★いざ東北へ3★


3086_08a_EC583.jpg

特徴的であるブラインドが窓を覆う。
窓に映った上野の文字も。

2000年10月 東北本線 上野(東京都)
Fuji RDPII Canon EOS-1n EF28-70mm f2.8L
★さよなら長大4線 6日目3月10日 その9★
この日の最初はこちら


中興部を後にする[652D]

0755_36an_DC22.jpg
続きを見る...
★いざ東北へ2★


浮かび上がるサボと二つ星
旅のわくわく感を感じる。


3086_11a_EC583.jpg

山へ登るのか旅人が車掌さんと話してた。

3086_15a_EC583.jpg

旅への入り口。

2000年10月 東北本線 上野(東京都)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF70-200mm f2.8L他
★91年11月仙山12★



朝一番で山寺へ
まだ明けやらぬ山寺駅


1422_21anED78.jpg

向かい側には貨物列車が待機していた。

1991年11月 仙山線 山寺(山形県)
Fuji HG100 Canon New F-1 NFD50mm f1.4
★いざ東北へ★
10月になりました。
10月は2000年の写真からお送りします。
もう干支が一回り廻ったのね。。



3085_30_EC583.jpg

東北へと言うとやはり定番は上野駅。
この駅は来るとなんだかわくわくするのは昔のことを思い出すからかな?

2000年10月 東北本線 上野(東京都)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF70-200mm f2.8L他

Copyright ©   2005 ぱれお allrights reseved. Powered By FC2 allrights reserved.