よろずtrain photo blog
過去の写真放出のブログです
★梅雨時の田★
気がついたら6月も終わりですね。

最後は梅雨時の田んぼはまだ水が見える感じだ。





2003年6月  北上線 立川目ー横川目(岩手県)
Kodac EB-3 Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
スポンサーサイト
★桐の花の季節3★
行きが実は下り坂だったので帰りは煙が出るかと思いきや・・
出て入るけど薄い煙でした。
音はすごかったですけどね。




2003年6月 只見線 早戸ー会津水沼(福島県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
★桐の花の季節2★
緑の中に薄い紫色がひっそりと咲いていた。
慎ましい感じのする木だ。



2003年6月 只見線 本名ー会津越川(福島県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1nHS EF28-70mm f2.8L
★小窓★
いぶし銀の小窓が並ぶ。
機関車と同じくらいの歴史を走って来た。



2003年6月 只見線 只見(福島県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
★機関車みながら★
汽車を見ながらのお昼ご飯。
この子はこのことを覚えているだろうか?



2003年6月 只見線 只見(福島県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
★91年南紀13★
最後に南紀に乗ってみた。
名古屋駅に到着後。




行き先サボはホーロー製。

1418_08nDC82.jpg


車内を1枚。

1418_07anDC82.jpg

1991年10月 関西本線 名古屋
Fuji HG400他 Kyocera SAMURAIZ2他
★整備中★
今日の仕事を終えたターンテーブルの向こうで機関車は折り返しに向かって整備中だ。




2003年6月 只見線 只見(福島県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF28-70mm f2.8L
★さよなら長大4線 5日目3月9日 その12★
この日の最初はこちら


16時13分、先に紋別行きが発車。


続きを見る...
★力仕事★
蒸気機関車が終点て折り返すには基本的には転車台が必要になる。
地方の駅では手動のためボランティアの力仕事に頼っていた、





2003年6月 只見線 只見(福島県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF28-70mm f2.8L
★やりとり★
ターンテーブルで機関車をまわす前、機関士と誘導の人がなにか話していた。
機関車は少し動かすにも人の手が大事ですね。




2003年6月 只見線 只見(福島県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF28-70mm f2.8L
★遠くに残雪を望む★
里はすっかり初夏の陽気。
遠くの山にはまだまだ残雪がみえる。



2003年6月 只見線 会津蒲生ー只見(福島県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8
★91年南紀12★
紀勢本線の新鹿駅駅舎。
ちょっとプレハブチックな建物。
仮駅舎なのかなぁ?と、思って調べてみたら、今も現役でした。



1991年10月 紀勢本線 新鹿駅
Fuji HG400 Kyocera SAMURAI Z2
★桐の花の季節★
桐の花が満開だった。
機関車は汽笛をちょっと鳴らして走っていった。

3798_03_C11.jpg

2003年6月  只見線 早戸ー会津水沼(福島県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
★さよなら長大4線-053 5日目3月9日 その11★
この日の最初はこちら


堂々とした構えの遠軽駅舎。


続きを見る...
★雄大な水鏡★
鏡のようにゆったりとした只見川。
もやもやながらも奇麗に水鏡となった。




2003年6月  只見線 会津桧原ー会津西方(福島県)
Fuji TREBI400 Camon EOS-1nHS EF70-200mm f2.8L
★まだ早苗★
まだまだ若い稲の間から見える水にぼんやりとした太陽が見えた。
遠くの汽車もぼんやりと走って行った。




2003年6月 只見線 会津高田ー根岸(福島県)
Fuji RVP+1 Canon EOS-1vHS EF17-35mm f2.8L
★緑に囲まれて4★
濃くなりつつある緑にひょっこり顔を出した。



2003年6月 米坂線 手ノ子ー羽前沼沢(山形県)
Fuji RVP+1 Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
★緑に囲まれて3★
緑濃い山里をいく列車。



2003年6月 米坂線 手ノ子ー羽前沼沢(山形県)
Fuji RVP+1 Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
★紫紺の駅★
さらに時が経った梅ヶ谷。
ライトがまぶしい先頭を撮ると真っ暗な感じになってしまった。




走り去る光跡ではわずかに蒼色が。

1422_13nDC58.jpg

1991年10月 紀勢本線 梅ヶ谷(三重県)
Fuji HG100 Canon New F-1 NFD85mm f1.8
★成長中★
田んぼの稲も田植えが終わってからちょっとたった。
すっかり伸びて来てそのうち水が見えなくなるかな?





2003年6月 米坂線  区間失念(山形県)
Fuji RVP+1 Canon EOS-1vHS EF28-70mm f2.8L
★さよなら長大4線-053 5日目3月9日 その10★
この日の最初はこちら

1番線には特急オホーツクが停車中。
次に乗るのはこれだ。

0745_20an_DC183.jpg
続きを見る...
★緑に囲まれて2★
濃くはなって来ているが、まだ明るい緑も混じる緑の中を列車はいく。



3795_36_DC52.jpg


2003年6月 米坂線 手ノ子ー羽前沼沢(山形県)
Fuji RVP+1 Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
★緑に囲まれて★
桐の花咲く鉄橋はずいぶん緑も濃くなっていた。



2003年6月 米坂線 越後片貝ー越後下関(新潟県)
Fuji RVP+1 Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
★駅の肖像★
米坂線の駅を2つ。
どちらも味がある。

こちらは越後大島。
昔ながらの古風な駅である。




こちらは山の中の手ノ子。
ちょっと新し目だけど結構どっしりしている。

3795_26_.jpg


2003年6月 米坂線
Fuji RVP+1 Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
★暮れ行く駅★
雨の日ならではの幽玄な雰囲気の夕方の駅。
列車が発車して行った。




1991年10月 紀勢本線 梅ヶ谷(三重県)
Fuji HG100 Canon New F-1 NFD85mm f1.8
★水に挟まれて★
朝の海は静かだった。
風もなくただ雨が降っていた。
海の水と田んぼの水に挟まれて列車は走る。



2003年6月  羽越本線  村上ー間島(新潟県)
Fuji RVP+1 Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
★海を望む★
最近更新する時間がなかなかとれなくなってます。
気がつけば6月。
6月は2003年からお送りします。


雨の朝、どんよりした海を望む。
まだ早朝の車内には海を見ている人はいるのだろうか?



3792_22_PC24.jpg

2003年6月 羽越本線 村上ー間島(新潟県)
Fuji TREBI400 Canon EOS-1nHS EF50mm f1.4

Copyright ©   2005 ぱれお allrights reseved. Powered By FC2 allrights reserved.