よろずtrain photo blog
過去の写真放出のブログです
★夕日を受けて★
雲間から射して来た夕日に車体を光らせる。
そろそろ一日が終わる。



2006年12月 くりはら田園鉄道(廃線) 鴬沢ー鴬沢工業高校前(宮城県)
Fuji RVPF Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8LIS


今年も1年ありがとうございました。
色々、皆さんもあった年だとは思いますが、来年はいい年になるといいな。
スポンサーサイト
★怪しげな空★
雲が立ちこめてはいたが、下の方は切れていた。
ちょっと、怪しげな空だけど、格好の被写体に。



2006年12月 くりはら田園鉄道(廃線) 区間失念(宮城県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8LIS
★山に抱かれる★
雄大な栗駒山。
なだらかな山容が、麓を包み込んでいるようだ。



2006年12月 くりはら田園鉄道(廃線) 大岡ー沢辺(宮城県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF300mm f2.8L
★冬枯れの木★
葉が落ちた木が複雑な枝を曇り空に伸ばしていた。
シルエットになった姿はちょっと寒々しい。



2006年12月 くりはら田園鉄道(廃線) 大岡ー沢辺(宮城県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF300mm f2.8L
★S字トンネル★
S字カーブのトンネルの向こうに列車が現れた。


続きを見る...
★さよなら長大4線-033 4日目3月8日 その1★
全体の最初はこちら

前日(3日目)の最初はこちら

標津編の最初はこちら


翌朝宿を早々に出て駅へ向かう。
別海駅駅舎。




続きを見る...
★青空へ向かう★
まだ沿線にはススキが残る。
青空だけど、雪をもたらす雲が迫っていた。



2006年12月 くりはら田園鉄道(廃線) 鴬沢ー鴬沢工業高校前(宮城県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF17-35mm f2.8L
★冬支度★
すっかり冬枯れの田んぼに渡り鳥がやって来た。
遥か北の地方から越冬にやって来たのだろう。

ここも寒い場所ではあるが、それでもまだ暖かいのだろう。



2006年12月 くりはら田園鉄道(廃線) 杉橋ー鳥矢崎(宮城県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF70-200mm f4.0LIS
★91年大宮工場公開3★
もう復活済みのD51498




その隣には次世代電気機関車のEF200-901がいた。

1417_12nEF200.jpg


こちらはEF65-1059とDD13-1
EF65はお座敷列車のくつろぎのマーク付き。

1417_14nEF65.jpg

1991年10月 大宮工場 
Fuji HG100 Canon AE-1+P NFD50mm f1.4
★残り柿★
すっかり葉の落ちた柿の木。
上の方にだけまだ実が残っていた。
これは鳥の為に残しておいているそうな。



2006年12月  くりはら田園鉄道(廃線) 栗原田町ー尾松(宮城県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8LIS
★さよなら長大4線-032 3日目3月7日 その10★
この日の最初はこちら

中標津で並ぶ3列車。
[331D]が出発するところで並びが実現。


続きを見る...
★冬空に伸びる★
冬の澄んだ濃い青空へ、すっかり葉を落とした木の枝が伸びていた。
なかなか複雑な形状ですね。



2006年12月 くりはら田園鉄道(廃線) 鴬沢ー鴬沢工業高校前(宮城県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF17-35mm f2.8L
★秋の残り物2★
こちらにもすすきの群生が。




暗い車体でよりススキが浮かび上がる。

4332_30_.jpg

2006年12月 上信電鉄 千平ー下仁田(群馬県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8LIS
★秋の残り物★
線路沿いにまだススキが残っていた。
さすがに秋本番のような勢いはないけど、まだ穂が残っているので透過光では目立つ存在。



2006年12月 上信電鉄 千平ー下仁田(群馬県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8LIS
★鈍い光★
雲間の太陽から鈍い光が差していた。
艶のない老兵を鈍く光らせるくらいの力はあった。



2006年12月 上信電鉄 千平ー下仁田(群馬県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF17-35mm f2.8L
★さよなら長大4線-031 3日目3月7日 その9★
この日の最初はこちら


昨日も来たけど、今日は明るいもとの根室標津駅舎。


続きを見る...
★一面に★
小さな神社の境内に銀杏が敷き詰められていた。
日が当たってないのがちょっと残念。



2006年12月 上信電鉄 南蛇井ー千平(群馬県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF17-35mm f2.8L
★91年大宮工場公開2★
仮台車をはいたEF65-114




工場内部。
検査に入っているのがDC30系列なのは時代ですね。

1417_05nDC35.jpg

1991年10月  大宮工場(埼玉県)
Fuji HG100 Canon AE-1+P NFD50mm f1.4他
★色付く山をバックに★
逆光線でちょっと立体的になった紅葉の山をバックに列車が行く。




こっちが本命だけど、山は上の方が奇麗。

4332_19_.jpg

2006年12月 上信電鉄 吉井ー西吉井(群馬県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8LIS
★街と紅葉と★
1両の貨車を牽いたアンバランスな編成。
街をバックに、その後ろには紅葉の山をバックに走る。




2006年12月 上信電鉄 馬庭ー吉井(群馬県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8LIS
★91年大宮工場公開★
今でもやってますが、この年は大宮工場の公開に行っていました。
その中の写真をいくつか。

EF63-19号機が静かに眠っていた。


続きを見る...
★冬空のもと★
寒々しい空の下、わずかに残った木の実が空に伸びていた。





ちょっと機関車の屋根が光った。

4332_11a_.jpg

2006年12月 上信電鉄 南高崎ー根小屋(群馬県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF17-35mm f2.8L
★さよなら長大4線-0303日目3月7日 その8★
この日の最初はこちら


上武佐駅を後にする[328D]


続きを見る...
★秋から冬へ★
まだすすきの残る地が冬の寒々しい雲に覆われていた。
いよいよ冬到来。



2006年12月 上信電鉄 南高崎ー根小屋(群馬県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF17-35mm f2.8L
★浮かび上がる★
夜、ライトに浮かび上がる機関車。
なかなか幻想的。




アップにすると、年季を感じる。

4329_25_.jpg


角度を変えて、後ろの貨車もちょっと光らせた。

4329_33_.jpg

2006年12月 上信電鉄 下仁田(群馬県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8LIS
★夜の駅構内★
夜の駅は魅力的だ。
ポイントの明かりでさえ、見ていて引きつけられる感じがする。




反対に自光するものがない所はモノトーンの静寂な雰囲気だ。

4329_15_.jpg

2006年12月 上信電鉄 下仁田(群馬県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8LIS
★日も暮れて★
日が暮れた構内。
演出で一方向からの光があった。





4329_13_.jpg



4329_16_.jpg

2006年12月 上信電鉄 下仁田(群馬県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8LIS他
★蒼い駅2★
残照のもとの始発駅。
わずかな光が空から降ってくる。




機関車のライトと運転席の明かりが、優しくともる。

4328_36_.jpg

2006年12月 上信電鉄 下仁田(群馬県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8LIS
★蒼い駅★
まだ空は明るいが、地表は蒼い世界になりつつある。
面白い格好の山をバックに機関車は待機する。




レールは残照を映していた。

4328_27_.jpg

2006年12月 上信電鉄 下仁田(群馬県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8LIS
★さよなら長大4線-029 3日目3月7日 その7★
この日の最初はこちら


川北駅に停車中の4327D
ちょっと日が射していた。


続きを見る...

Copyright ©   2005 ぱれお allrights reseved. Powered By FC2 allrights reserved.