よろずtrain photo blog
過去の写真放出のブログです
★夏空の下★
8月最後はちょっと爽やかに。
夏雲が山の上に涌いていた。
実際は暑いのですが、くっきりした画は見た目には爽やかに見えますね。



2001年8月 花輪線 荒屋新町ー赤坂田(岩手県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF28-70mm f2.8L
スポンサーサイト
★駅発車★
駅員と信号機に見送られて駅を後にする列車。




今ではローカルでこんな風に見送るシーンも珍しくなった。

3306_31_DC40.jpg

2001年8月 八戸線 陸中八木(岩手県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
★合間から★
腕木信号機の合間から列車がちょうど見えた。
もう、既にこの信号機はないが、この駅もこのたびの震災でかなりの被害を受けたようだ。



2001年8月 八戸線 陸中八木(岩手県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
★静かな時間★
静かな駅に静かな時間が流れる。
次の列車までは静寂そのもの。



3306_22_.jpg

2001年8月 八戸線 階上(青森県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF28-70mm f2.8L
★さよなら長大4線-013 1日目3月5日 その11★
この日の最初はこちら

駅の掲示にはこれから乗る「まりも」の案内が。


続きを見る...
★人の手2★
信号を変えるてこ。
もう日本にはいくつも残っていない。



3306_15_.jpg


2001年8月 八戸線 階上(青森県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF28-70mm f2.8L
★人の手★
昔ながらの駅、人の手で列車を動かしていた時代をにおわせていた。




列車を迎え入れる駅員も力強さを感じる。

3306_09_DC40.jpg

2001年8月 八戸線 階上(青森県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
★夜明けの★
曇り空のためか朝が遅い早朝、けだるい雰囲気の中列車はやって来た。




遠くに流れる長い帯をゆっくりと見送った。

3306_04_EC583.jpg


2001年8月 東北本線(当時)小湊ー西平内(青森県)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF28-70mm f2.8L

★あこがれ★
普段は走らないあこがれの列車。
カメラを構える子は想い出に残るのだろうか?



2001年8月 東北本線 上野(東京都)
Fuji RHPIII+1 Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
★入線★
ライトを輝かせて入線してきた。
照らされたレールが奇麗に光る。



2001年8月 東北本線 上野(東京都)
Fuji RHPIII Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
★さよなら長大4線-012 1日目3月5日 その10★
この日の最初はこちら

8番線には「ライラック」27号が停車中。
21時発。


続きを見る...
★可愛い植え込み★
田んぼの一角に可愛い花の植え込みがあった。
田んぼ仕事の合間の楽しみの一つでしょうか?



2001年8月 東北本線(当時) 御堂ー奥中山(岩手県)
Fuji RHPIII+1 Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
★深緑の橋★
深い緑が生い茂る山間に架かる橋。
水面にわずかに列車が映る。




白い車体の方が目立つから似合いますね。

3305_19_ECE751.jpg

2001年8月 東北本線(当時) 目時ー三戸(青森県)
Fuji RHPIII Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
★89年舞浜2★
常磐線からのワンダーランド号が到着。




ディズニーランドで遊ぶぞ!って言う感じの子供が降りて来た。

0863_11an_EC415.jpg

1989年5月 京葉線 舞浜(千葉県)
Fuji HG100 Canon A-1 NFD70-200mm f4.0
★また!★
「また来な~!」といった声が聞こえそうな見送り。
孫を見送る老夫婦だろうか?



2001年8月 東北本線 青森(青森県)
Fuji RHPIII+1 Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
★さよなら長大4線-011 1日目3月5日 その9★
この日の最初はこちら


第4ランナー 函館本線 特急 北斗13号(函館発札幌行)函館 17:00 → 20:38 札幌 318.7km


続きを見る...
★出発前★
出発前、静かな時が流れる。
もう少しで緊張の時間だ。




背後には同じく夜を過ごす寝台特急の姿も。

3305_07_EC583.jpg

2001年8月  東北本線 青森(青森県)
Fuji RHPIII Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
★89年舞浜★
舞浜駅に進入する京葉線の103系。
ATS-P搭載の関係で、運用窓がつぶされてたちょっと異端児。



1989年5月 京葉線 舞浜(千葉県)
Fuji HG100 Canon A-1 NFD70-200mm f4.0
★プチ夕焼け★
特急が来る頃には上空の夕焼けはほぼ終わり。
下の方がちょっと焼けて来た。

3304_30_EC485.jpg


オレンジから赤に色が変わって色が無くなっていった。



2001年8月 東北本線(当時) 清水川ー小湊(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1vHS EF28-70mm f2.8L
★おいしい時間★
雲間から夕日が射すおいしい時間。
でも、列車は来ない。




列車のが来る頃、光はなくなったけど、ちょっと空が焼けていた。

3304_25_EC701.jpg

2001年8月 東北本線(当時) 清水川ー小湊(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1vHS EF17-35mm f2.8L
★ベイサイドライン★
ポートタワーに登ってみた。

しかし、雲が・・




駅に到着。

0862_06nEC103.jpg


遠くを見下ろす。
やはり雲が・・

0862_09anEC103.jpg

1999年5月 京葉線 千葉みなとー蘇我(千葉県)
Fuji HG100 Canon A-1 Tamron 28-70mm f3.5-5.6
★空の表情★
夕方、列車を待っている間、空の表情は刻一刻と変わっていった。
運を天に任せて列車が来る時を待った。
結果この表情。




次の列車の頃には羊雲っぽい雲に。

3304_18_ECE751.jpg

2001年8月 東北本線(当時) 西平内ー浅虫温泉(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1vHS EF17-35mm f2.8L
★輝く海シルエット★
雲に太陽は隠れたけど、光はまだ残っていた。
輝く海をバックに貨物列車が走る。

3304_01_ED75.jpg


2001年8月 東北本線(当時) 西平内ー浅虫温泉(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1vHS EF17-35mm f2.8L
★青い世界2★
列車が近い版。
車体に太陽が反射する。



2001年8月 東北本線(当時) 西平内ー浅虫温泉(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1vHS EF17-35mm f2.8L
★青い世界★
青い空、青い海、青い車体。
暑い中、爽やかな感じ。



2001年8月 東北本線(当時) 西平内ー浅虫温泉(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1vHS EF17-35mm f2.8L
★青空4★
今度はさらに近づいて。
見上げる空が青い。



2001年8月 東北本線(当時) 小湊ー西平内(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1vHS EF17-35mm 2.8L
★青空3★
なんか同じような写真になってしまいますが・・
空が気持ちいい日は空ばかり撮ってしまう。
ちょっと線路に近づいて。



2001年8月 東北本線(当時) 小湊ー西平内(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1vHS EF17-35mm f2.8L
★さよなら長大4線-010 1日目3月5日 その8★
この日の最初はこちら


駅を出てすぐの海辺へ出る。
海越しに函館山がそびえていた。


続きを見る...
★青空2★
広い空は気持ちがよい。
太陽の方を向いて一枚。



2001年8月 東北本線(当時) 小湊ー西平内(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1vHS EF17-35mm f2.8L
★青空★
すっかり晴れ上がった青空が印象的な日だった。
こういった日は広角が楽しい。
ちょっと露出を落とし目に。



2001年8月 東北本線(当時) 小湊ー西平内(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1vHS EF17-35mm f2.8L

Copyright ©   2005 ぱれお allrights reseved. Powered By FC2 allrights reserved.