よろずtrain photo blog
過去の写真放出のブログです
★小さな駅★
小さな駅に小さな電車がやって来た。
のどかな光景だけど時代の波には勝てずもう見る事は出来ない。
名鉄シリーズは中途半端になりましたが、いずれまた機会をみて続きを公開したいと思います。




2000年11月 名鉄 揖斐線 (岐阜県)
Fuji T100C Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
スポンサーサイト
★秋の道★
ススキが茂る線路を電車はやって来た。



2000年11月 名鉄 揖斐線(廃線) 区間失念
Fuji RHPIII Canon EOS-1HS EF70-200mm f2.8L
★テールライト★
夜の駅は静かだ。
たった1両の列車がやってきて走り去る。
その後はまた静寂が戻る。



2000年11月 下北交通(廃線) 樺山(青森県)
Kodak E100VS Canon EOS-1nHS EF70-200mm f2.8L
★夕闇の疾走★
空に蒼さが残る夕方、列車を流し撮り。
あまり止まってませんがイメージと言う事で。



2000年11月 下北交通(廃線) 田名部ー樺山(青森県)
Fuji RDPII+1 Canon EOS RT EF17-35mm f2.8L
★さよなら木原線その23(最終回)★
帰宅しないといけないため、余韻を楽しむ間もなくすぐ帰途につく。

第16ランナー 外房線[2226M](勝浦発千葉行) 大原21:06 → 22:21千葉


続きを見る...
★スポットライト★
影ですっかり暗くなった線路に踏切だけ日射しが注いでいた。




2000年11月 下北交通(廃線) 樺山ー陸奥関根(青森県)
Kodak E100VS Canon EOS-1nHS EF70-200mm f2.8L
★雨の紅葉2★
こちらは赤色が混じってよりカラフル。



2000年11月 下北交通(廃線) 樺山ー陸奥関根(青森県)
Kodak E100VS Canon EOS-1nHS EF70-200mm f2.8L
★昭和59年3月名古屋界隈10★
留置線に引き上げたEF58-127号機




反対側はヘッドマークが付いたまま。
さよならの看板も添えられた。
しかし、影がムゴい。

0093_12n_ef58127.jpg

1984年3月25日  東海道本線 名古屋(愛知県)
SAKURA SR-100 Canon A-1 NFD50mm f1.4
★雨の紅葉★
奇麗に黄葉した葉が雨にしっとりとしていた。



2000年11月  下北交通(廃線) 樺山ー陸奥関根(青森県)
Kodak E100VS Canon EOS-1nHS EF70-200mm f2.8L
★秋色★
午後の日射しをたっぷりと浴びた紅葉(というより黄葉)
曲がった線路の向こうから列車が顔を出した。



2000年11月 下北交通(廃線) 樺山ー陸奥関根(青森県)
Kodak E100VS Canon EOS-1nHS EF70-200mm f2.8L
★あざやか★
前にも出した場所だけど時間が変わると見え方も変わる。
この時間の方が鮮やかだ。



2000年11月 下北交通(廃線) 陸奥関根ー川代(青森県)
Kodak E100VS Canon EOS-1nHS EF70-200mm f2.8L
★昭和59年3月名古屋界隈9★
見事に顔に影が落ちているけど、「NASAふくい」という謎な団体列車が到着した。
しかし、結構ヤバい場所で撮っていますね、今では考えられないでしょう。




機関車が切り離される。
127号機のようだ。

0093_10n_ef58127.jpg

1984年(昭和59年)3月25日  東海道本線 名古屋(愛知県)
SAKURA SR-100 Canon A-1 NFD70-200mm f4.0
★秋の夕方2★
すっかり影になったなか、ここはまだ日が残っていた。
最後の最後、暮れ行く日射しを浴びながら列車はやって来た。



2000年11月 下北交通(廃線) 樺山ー陸奥関根(青森県)
Kodak E100VS Canon EOS-1nHS EF70-200mm f2.8L
★秋の夕方★
もう沈もうとしている太陽が横から射して来ていた。
コントラストのきつい中、線路脇の鳥居が目立つ感じとなった。



2000年11月  下北交通(廃線) 陸奥関根ー川代(青森県)
Kodak E100VS Canon EOS-1nHS EF70-200mm f2.8L
★小春日和★
遠くに走り去る列車、やわらかな秋の日射しがなんか穏やかな感じの光景。



2000年11月  下北交通(廃線) 樺山ー陸奥関根(青森県)
Fuji RDPII+1 Canon EOS RT EF70-200mm f2.8L
★明暗★
手前が影の中に入り奥の日向が浮かび上がった。
影の部分のレールが鈍く光る。



2000年11月  下北交通(廃線) 樺山ー陸奥関根(青森県)
Fuji RDPII+1 Canon EOS RT EF70-200mm f2.8L
★昭和59年3月名古屋界隈8★
次にやって来たのはEF58-101号機




こちらにもプレートが置かれた。

0093_08nef58.jpg

SAKURA SR-100 Canon A-1 NFD70-200mm f4.0他


★色づく葉★
ちょっと広角気味にして撮ってみましたが、反逆光なので空が白い。。




2000年11月  下北交通(廃線) 樺山ー陸奥関根(青森県)
Fuji RDPIII+1 Canon EOS RT EF28-70mm f2.8L
★夕暮れ★
秋の夕日が沈もうとしていた。
雲間から光を放つ姿はちょっと物悲しい。



2000年11月 下北交通(廃線) 陸奥関根ー川代(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF70-200mm f2.8L
★夕日を浴びて★
夕日が当たる築堤を1両の気動車がゆっくりと走って行った。




振り返るとネコがひょこっと様子をうかがっていた。

3102_06_.jpg

2000年11月 下北交通(廃線) 陸奥関根ー川代(青森県)
Fuji RDPII Canon EOS-1nHS EF70-200mm f2.8L
★さよなら木原線その22★
20時00分最後の折り返し列車の[769D]が到着
上り列車はこれの折り返しで最後。


続きを見る...
★落ち葉舞う★
斜光線の当たる夕方、線路につもっていた落ち葉が舞い上がった。



2000年11月 下北交通(廃線) 樺山ー陸奥関根(青森県)
Fuji RDPII Canon E)S-1nHS EF70-200mm f2.8L
★紅葉バックに★
やはり晴れて無いといまいち冴えない紅葉。
それでも、ここはまだ色づきが良い方なので取りあえず撮ったカット。



2000年11月 下北交通(廃線) 陸奥関根ー川代(青森県)
Fuji RHPIII Canon EOS1HS EF70-200mm f2.8L
★昭和59年3月名古屋界隈7★
名古屋駅に到着して切り離されたのち、再び戻って来たEF58-142
その顔を見ると「惜別」の文字が。
切り離される時を見てないが、多分前から付いていたのだと思います。



発車準備の整いつつあるEF58-142
こちらは誰かが手づくりで作ってきたプレート。

0093_05nef58.jpg

1984年(昭和59年)3月24日 東海道本線 名古屋(愛知県)
SAKURA SR100 Canon A-1 NFD70-200mm f4.0

★秋の細道を行く★
曇り空の冴えない紅葉だけど、結構色づいていてよく見ると深みがある。
じっくり見たい光景ですね。



2000年11月 下北交通(廃線) 樺山ー陸奥関根(青森県)
Fuji RHPIII Canon EOS-1HS EF70-200mm f2.8L
★さよなら木原線その21★
もう暗くはなって来たけど、まだ時間があるのでちょっとだけ移動。

第13ランナー 木原線 普通[772D](上総中野発大原行) 上総中野18:09 → 18:17総元

このヘッドマークの方の列車に初乗車。。乗車車両はキハ30-22だった。


続きを見る...
★日没★
いい天気だった一日の終わり、最後は奇麗なグラデーションの空を見せてくれた。



2000年11月 下北交通(廃線) 田名部ー樺山(青森県)
Fuji RHPIII Canon EOS-1HS EF17-35mm f2.8L
★昭和59年3月名古屋界隈6★
3月24日の光景の続きです。
EF58-142が雑多な荷物車を牽引してやって来た。



1984年3月24日 東海道本線 名古屋(愛知県)
SAKURA SR100 Canon A-1 NFD70-200mm f4.0
★日も傾き★
太陽が傾いて来て線路は影になってしまった。
それでも脇の木の紅葉が照らされて鮮やかだ。



2000年11月 下北交通(廃線) 樺山ー陸奥関根(青森県)
Kodak E100VS Canon EOS-1nHS EF28-70mm f2.8L
★湖畔の秋★
奇麗な斜光を浴びて列車が走る。
水面は鏡とはいかないけど列車が映っているくらいはわかる。




この撮影場所は公園になっていてこんな感じの風景が広がっていた。

3099_28.jpg

2000年11月 下北交通(廃線) 田名部ー樺山(青森県)
Kodak E100VS Canon EOS-1nHS EF70-200mm f2.8L


Copyright ©   2005 ぱれお allrights reseved. Powered By FC2 allrights reserved.