よろずtrain photo blog
過去の写真放出のブログです
★出発前★
北へ旅立つ夜行列車。
ライトを輝かせ待機していた。
出発時間はもうすぐだ。

2104_00_ef65.jpg

1996年8月 東北本線 上野駅(東京都)
Fuji RDPII Canon New F-1 Tokina 80-200mm f2.8

8月は台風で終わりましたね、9月になるとさわやかな空が拡がるんでしょうか?
スポンサーサイト
★あけぼの並び★
今はもうない上野駅の17、18番線でならんだ「あけぼの」2号と4号。
上野到着はわずか8分の差だ。



1982年8月 東北本線 上野駅(東京都)
Kodak ネガ OLYMPUS XA-2
★給水作業★
野辺地に着いたレールバスに職員がなにやら集まっていると思ったら、ジョーロで給水。
真剣な作業なのだろうが、なんともほのぼのとした感じだ。



1996年8月 南部縦貫鉄道(廃線) 野辺地駅(青森県)
Fuji RDPII Canon New F-1 Tokina80-200mm f2.8
★緑ながれる★
小さいながらも大きな窓の運転席の視界は快適。
窓の外の緑が爽やかに流れる。



1996年8月 南部縦貫鉄道(廃線)
Fuji RDPII Canon New F-1 NFD24mm f2.0
★爽やかな風★
冷房なんて無い車両は窓を開け放題。
夏とはいえ北の空気はどことなく爽やか。



狭い車内はわずかな人でもいっぱいになるが、それでも埋まらない。
2103_31_.jpg

1996年8月 南部縦貫鉄道(廃線)車内
Fuji RDPII Canon New F-1 NFD35mm f2.0


★レールバス三態★
丸いライトが愛らしい。



先を感じさせるように撮ったつもりですが‥

2103_20_.jpg

斜光線でリベットのうたれた車体が浮き立つ。
今回から縦位置の写真はちょっと大きめに。
2103_22_.jpg

1996年8月 南部縦貫鉄道(廃線)七戸駅(青森県)
Fuji RDPII Canon New F-1 Tokina 80-200mm f2.8

★記念撮影★
愛嬌ある列車は観光客からも人気だ。
今日も記念撮影をする人たちがいた。
ただし、乗らないようだが。。



1996年8月 南部縦貫鉄道(廃線) 七戸駅(青森県)
Fuji RDPII Canon New F-1 Tokina 80-200mm f2.8
★24系ゆうづる★
当時の「ゆうづる」はいろいろな形式が使われていた。
583系をはじめ、24系25型、24系、14系と実に種類。
この列車「ゆうづる」8号は3段寝台の24系を使用していた。


1982年8月 東北本線 上野駅(東京都)
Kodak ネガ OLYMPUS XA-2
★青空のもと★
抜けるような青空の下、丸い車体のガラスがきらりと光る。
濃い色を出すため露出は切り詰め気味にした。

2103_16b_.jpg
続きを見る...
★北星★
新幹線の開業とともに姿を消した寝台特急。
上野ー盛岡では区間がどっかぶりですね。



1982年8月 東北本線 上野駅(東京都)
Kodakネガ OLYMPUS XA-2
★夕空に★
夕空にシルエットになって走るレールバス。
単純な形だけに奇麗に抜けた。



1996年8月 南部縦貫鉄道(廃線) 坪川ー道ノ上(青森県)
Fuji RDPII Canon New F-1 Tokina 80-200mm f2.8
続きを見る...
★急行天の川★
ネガ写真も次の段階へ。
次は昭和57年の8月に上野駅に行った中から。

急行天の川がいつもはナハネフ23なのだが、この日はナハネフ22だった。




1982年8月 東北本線 上野駅(東京都)
Kodak ネガ OLYMPUS XA-2
★築堤を行く★
長い車体がゴトゴトと、夏草の生い茂る築堤を走っていった。



1996年8月 南部縦貫鉄道(廃線) 坪川ー道ノ上(青森県)
RDPII Canon New F-1 Tokian 80-200mm f2.8
★登場!★
普段は動かない元国鉄キハ10のキハ10がやってきた。
どうやら臨時列車のようだ。
普段は小さい車体しか走らない線路を貫禄をまとっていた。



1996年8月 南部縦貫鉄道(廃線)坪川ー道ノ上(青森県)
Fuji RDPII Canon New F-1 Tokina80-200mm f2.8
★青い海をバックに★
青い海をバックに走り去る列車。
実は後ろにユンボがいるのだが、ぎりぎり隠れなかった‥



1992年1月 紀勢本線 紀伊長島ー三野瀬(三重県)
Fuji HG100 Canon New F-1 SIGMA APO 400mm f5.6
★橋を渡る★
ちょっと長い橋をゴトゴトとわたる。
空に抜けるこの橋は気持ちのいい感じだ。



1996年8月 南部縦貫鉄道(廃線) 坪川ー道ノ上(青森県)
Fuji RDPII Canon New F-1 NFD50mm f1.4
★風格★
コンクリートの壁に打ち付けられて会社名。
昔からの風格が漂う。
この建物は今でも見れるはずなのでいつか訪れたいもの。



1996年8月 南部縦貫鉄道(廃線)七戸駅(青森県)
Fuji RDPII Canon New F-1 Tokina80-200mm f2.8
★ 山登り★
折り重なる山の中腹を列車は登っていく。
峠越えに挑むエンジンの音はここまで聞こえる。



1992年1月 紀勢本線 梅ヶ谷ー紀伊長島(三重県)
Fuji HG100 Canon New F-1 Tokina80-200mm f2.8
★見上げる★
バス窓の窓の間にホーローのサボ。
昔ながらの鉄道の姿。



1996年8月 南部縦貫鉄道(廃線) 七戸駅(青森県)
Fuji RDPII Canon New F-1 NFD35mm f2.0
★小さな橋を超えて★
レールバスは小さな橋をこえて林の中へと走り去って行った。
小さな車体は風景の中にすぐに吸収されてしまう。



1996年8月 南部縦貫鉄道(廃線)盛田牧場前ー七戸(青森県)
Fuji RDPII Canon New F-1 Tokina 80-200mm f2.8
★斜光の中を★
暗い背景をバックに斜光線をいっぱいに浴びた列車は懸命に走ってきた。



1996年8月 南部縦貫鉄道(廃線) 盛田牧場前ー七戸(青森県)
Fuji RDPII Canon New F-1 Tokina 80-200mm f2.8
★合間の日差し★
日が傾き影が長くなると線路の光は分断される。
木々のわずかな合間に残った日差しの中をレースバスがトコトコと走る。


1996年8月 南部縦貫鉄道 営農大学校前ー盛田牧場前(青森県)
Fuji RDPII Canon New F-1 NFD300mm f4.0×1.4
★曲がった鉄橋★
旅行記の方はまたスキャンをためる体制に入ったのでしばらく箸休めです。

以前も載せた鉄橋ですが、晴れたのでそのカットも公開しておきます。
やっと晴れたという感じです。



1992年1月 紀勢本線 梅ヶ谷ー紀伊長島(三重県)
Fuji HG100 Canon New F-1 Tokina 80-200mm f2.8
★夏トンボ★
茎の上にトンボがとまっていた。
トンボというと秋のイメージだが、結構夏から飛んでいる。
バックにレールバスを配置して一枚。



1996年8月 南部縦貫鉄道 七戸駅(青森県)
Fuji RDPII Canon New F-1 NFD80-200mm f4.0L
★森を抜けて★
陽炎たつ中森の向こうから小さな車両は姿を現した。

続きを見る...
★さよなら青函連絡船2日目3月10日その11★
待合室付近には案内の窓口が。
乗船名簿はここで書く。


続きを見る...
★古豪両雄★
七戸の駅に行ってみるとなんと普段は動かない古い気動車が待機していた。
ちょうどレールバスも停車中で古豪の両者が並ぶ形になった。



1996年8月 南部縦貫鉄道(廃止) 七戸駅(青森県)
RDPII Canon New F-1 NFD50mm f1.4
★とぼとぼと★
夏の深い緑の中、1両の電車はいつも通りに走っていった。



1996年8月 十和田観光電鉄 七百ー古里(青森県)
Fuji RDPII Canon New F-1 NFD80-200mm f4.0L
★生い茂る★
細い鉄路は周囲の自然に最低限の抵抗で存在している。
生い茂る草木の合間に消えていく列車は力強くもあり、弱くも見える。



1996年8月 十和田観光電鉄 柳沢ー七百(青森県)
Fuji RDPII Canon New F-1 NFD300mm f4.0L
★小径を行く★
こちらも夏草生い茂る細い小径を電車はコトコトと走ってきた。



1996年8月 十和田観光電鉄 柳沢ー七百(青森県)
Fuji RDPII Canon New F-1 NFD300mm f4.0L

Copyright ©   2005 ぱれお allrights reseved. Powered By FC2 allrights reserved.