よろずtrain photo blog
過去の写真放出のブログです
★静かな駅★
誰もいない駅に雪が降り積もる。
ついた足跡に人の気配を感じる。
年の瀬は静かな写真で締めくくり。
今年も一年間お付き合いいただきありがとうございます。




2003年12月 磐越西線 三川駅(新潟県)

Fuji RHPIII Canon EOS-1nHS EF28-70mm f2.8L
スポンサーサイト
★宵の発車★
暗い中発車する蒸機。
車のライトで煙が浮かび上がる。



2003年12月 磐越西線 三川駅(新潟県)

Fuji RHPIII Canon NewF-1 NFD300mm f2.8L
★漆黒の出発★
とっぶりと暮れた駅に汽車はついた。
程なくして汽笛と共に発車の汽笛が鳴ってゆっくりと動き出した。



2003年12月 磐越西線 三川駅(新潟県)

Fuji RHPIII Canon EOS-1nHS EF300mm f2.8L
★出番待ち★
庫内から一部でた車両に朝日があたる。
今日の出番は何時だろうか?



2003年12月 磐越西線 新津駅構内(新潟県)

Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
★輝く★
朝日を浴びる機関車。
プレートがきれいに輝いた。



2003年12月 磐越西線 新津駅構内(新潟県)

Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
★冬の朝★
年賀状モードに入るとすっかり更新が滞ります。

朝日が雲から昇ろうとしていた、今日の任務につく機関車は静かに待機をする。



2003年12月 磐越西線 新津駅構内(新潟県)

Fuji TREBI00C Canon EOS-1vHS EF28-70mm f2.8L
★窓明かり★
キャブから漏れるあかり。
冬場の光はぬくもりを感じる。



2003年12月 磐越西線 津川駅(新潟県)
Fuji RDPIII+1 Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
★イルミネーション★
ヘッドマークにもなっていたクリスマスリース。
夜には電球が輝いて暖かい感じに。



2003年12月 磐越西線 津川駅 (新潟県)
Fuji RDPIII Cann EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
★雪景色2★
クリスマスツリーと化した針葉樹の山をバックに
汽車は煙をたなびかせて走っていく。
雪と蒸機の理想的な光景だ。



2003年12月 磐越西線 喜多方-山都(福島県)
Fuji RDPIII Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
★荒川橋梁★
103系10連がさっそうと走る川越線。
近代化されてから間もない頃。
今では防風柵が出来て撮れなくなってしまった。



1990年10月 川越線 指扇-南古谷(埼玉県)
Fuji HR400 Canon AE-1P NFD70-200mm f4.0
★雪景色★
降り積もった雪が辺りを白く染めた郷を機関車はゆっくりと進む。
静かな風景の中、汽車の音が通り過ぎた。



2003年12月 磐越西線 喜多方-山都(福島県)
Fuji RHPIII Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
★冬模様2題★
通り過ぎる煙。

雪に埋もれる。
3914_03_.jpg

2003年12月 磐越西線 (福島県)
Fuji RDPIII+1 Canon EOS-1nHS
★汽車がやってきた★
雪の木立の間から汽車がやってきた。
白い煙が舞い上がっていた。



2003年12月 磐越西線 鹿瀬-三川(新潟県)
Fuji RDPIII+1 Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
★試作編成★
103系につづき大勢力になった205系だが、先行4編成だけはちょっと異端児。
いまも京葉線でみれるはず。。



1990年10月 山手線 駒込付近(東京都)
Fuji HR400 Canon AE-1P NFD70-200mm f4.0
★いよいよ★
蒸気が立ちこめるといよいよ準備完了。


続きを見る...
★待機2★
庫の中の風景のつづき。
煙突の上には煙を集めるためのか、ハコがあって
たなびいていた。



2003年12月 磐越西線 新津駅構内(新潟県)
Fuji TREBI400 Canon EOS-1nHS EF70-200mm f2.8L
★待機★
出発前のひととき、庫の中でしずかに出番を待つ。



2003年12月 磐越西線 新津駅構内(新潟県)
Fuji TREBI400 Canon EOS-1nHS EF70-200mm f2.8L
★北斗星★
たまには特にはなにもネタのない写真を。
定番のヒガハスを行く北斗星。
実はあまり撮ったことがない。



1990年10月 東北本線 東大宮-蓮田(埼玉県)
Fuji HR400 Canon AE-1P NFD70-200mm f4.0
★あとおい★
白い世界の中、通り過ぎる客車。
後ろの窓には白いコスチュームのスタッフと思われる人が。



2003年12月 磐越西線 津川-鹿瀬(新潟県)
Fuji TREBI400 Canon EOS-1nHS EF17-35mm f2.8L
★モノトーン★
雪、蒸気、機関車。
モノトーンの世界。



2003年12月 磐越西線 津川-鹿瀬(新潟県)
Fuji TREBI400 Canon EOS-1nHS EF17-35mm f2.8L
★望郷★
たなびく煙、灯るテールランプ。
なんか郷愁を覚える感じがして懐かしさがある。



2003年12月 磐越西線 荻野-尾登(福島県)
Fuji RDPIII+1 Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
★再発見★
いや、写っている列車自体は165系の修学旅行臨の「かながわ」なんですけどね、
右下の隅にちょろっと「はさ掛け」が見えてます。
ヒガハスにも昔ははさ掛けがあったんだなぁ・・と思った1枚。



1990年10月 東北本線 東大宮-蓮田(埼玉県)
Fuji HR400 Canon AE-1P NFD70-200mm f4.0
★雪を蹴って★
雪の木立の間を機関車が現れた。
新雪の線路に積もった雪が綺麗にかかれて舞いがった。



もう1枚アップで。
3912_32_d51.jpg

2003年12月 磐越西線 荻野-尾登(福島県)
Fuji RDPIII+1 Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
★シグナル★
通り過ぎる蒸気機関車。
煙も光も灰色の世界の中、踏切の赤色だけが目立っていた。



2003年12月 磐越西線 三川-五十島(新潟県)
Fuji RDPIII Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
★進入★
スプリンクラーの水しぶきが線路をぬらす中、クリスマスリースを
つけた機関車が静かに入ってきた。



2003年12月 磐越西線 五十島駅(新潟県)
Fuji RDPIII+1 Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
★ハコもの★
ハコといっても機関車のことではない。
屋根上に付いた四角いハコ、付いた時はいったい、ナニモノ?
と思ったらどうやらクーラーのようだ。
せっかくのEF66の美観が損なわれていまいちな感じだったが、
当時まで運転席にクーラーもなかったのに逆に驚いた記憶がある。
このクーラーは現在もこの格好のままである。



1990年10月 武蔵野線 駅不明(埼玉県)
Fuji HR400 Canon AE1P NFD70-200mm f4.0
★凍る★
線路脇、ポイントの凍結防止のスプリンクラーの水が辺りの枯れ草を
凍らせる。
 冷えた日の光景は非日常な感じだ。



2003年12月 磐越西線 五十島駅(新潟県)
Fuji RDPIII+1 Canon EOS-1vHS EF70-200mm f2.8L
★主役登場★
都会の街に汽笛が響き、煙が立ち上がる。
非日常の光景にゆく人たちは足を止めていた。



2003年12月 東北本線 上野-尾久(東京都)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF17-35mm f2.8L
★五年一昔★
上野界隈を行く常磐線の103系。
これも今では見られなくなってしまった光景。
わずか5年前ではあるがずいぶん昔のような気がする。


2003年12月 東北本線 上野-日暮里(東京都)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF17-35mm f2.8L
★進入★
いままでとは一線を画す異彩を放つ車両が現れた。
その複雑な屋根上が冬の日差しに浮かび上がる。



2003年12月 東北本線 上野-尾久(東京都)
Fuji TREBI100C Canon EOS-1vHS EF17-35mm f2.8L

Copyright ©   2005 ぱれお allrights reseved. Powered By FC2 allrights reserved.