よろずtrain photo blog
過去の写真放出のブログです
★日が暮れて★
曇り空でも日が暮れた後には、ドラマチックな展開もある。
この日も空が青紫色になり流れる列車を演出していた。




2004年1月 奥羽本線 大館-白沢(秋田県)

Fuji RHPIII Canon EOSnHS EF17-35mm f2.8L
スポンサーサイト
★トンネル★
蒼い時間の黄昏時、雪のついたトンネルの中に明かりが接近してきた。



続きを見る...
★雪飛沫★
降り始めた雪は見る見るうちに辺りを白く染め出した。
さっきまで茶色く、色あせていた大地も白い世界につつまれようとしていた。
列車もその雪の洗礼を受けて雪をまとわりつかせながら走っていった。




2004年1月 東北本線 三沢-小川原(青森県)

Fuji TREBI100C Canon EOS1vHS EF70-200mm f2.8L
★ツインシグナル★
腕木信号機が2本並ぶところは今や存在しないと思われる。
八戸線でもここ陸中八木だけで見られた光景。
2本の信号機の間が適度に間があったので列車を配して撮った。




2004年1月 八戸線 陸中八木駅(岩手県)

Fuji TREBI100C Canon EOS1vHS EF70-200mm f2.8L
★侍浜点描★
八戸線、侍浜駅のスナップです。
腕木が無くなった今でも雰囲気はあるんではないかと。


冬の鉛色の空が広がって重苦しい雰囲気に。



安全を確認するための木版、「タシカニト」
3933_18m.jpg


使用していない信号機の「てこ」は併合扱いで鍵がかかっていた。
3933_21m.jpg


駅のはずれの信号機脇を列車が駆け抜ける。
3933_25_dc40.jpg


屋根上のアンテナの先にはカラスが、シルエットに。
3933_32_.jpg


待合室のベンチ。
木のぬくもりがあった。
3933_34_.jpg


誰もいない待合室はストーブが客を待ちわびていた。
3933_36_.jpg


2004年1月 八戸線 侍浜駅(岩手県)

Fuji TREBI100C Canon EOS1vHS EF17-35mm f2.8L他
★出発の儀式★
昔ながらのシステムは手数が多い。
でも人が動かしている感があって頼もしいのだが、自動化はさけられない。

まず列車が来ると信号機の切り替え。




タブレットの受け渡し。
3933_05_dc40.jpg


最後は見送り。
自動化により小さな駅は人がいなくなり、大きな駅はホームに人がいない。
こんな光景もそのうち見られなくなるかも?
3933_11_dc40.jpg


2004年1月 八戸線 侍浜駅(岩手県)

Fuji TREBI100C Canon EOS1vHS EF70-200mm f4.0L

★83年8月山陽九州四国4日目-4-博多→横川★
ようやく博多を離れる。

第20ランナー 鹿児島本線[3124M] 佐賀発門司港行
博多12時34分→13時54分門司
EC415系×12連


続きを見る...
★受け渡し★
原始的な方法であるが確実で昔から行われていた、タブレットの受け渡し。
ここではもう見られなくなったが、人の手で運行していると実感できる瞬間。




2004年1月 八戸線 侍浜駅(岩手県)

Fuji TREBI100C Canon EOS1VHS EF70-200mm f4.0L
★旧来設備★
数を減らしつつある腕木信号機。
その切り替えのためのてこが並ぶ。




各てこには方向の記載がある。

3932_16_.jpg



跨線橋がないために線路を横切るための階段。
列車進入時にはフタをされる。



懐かしい感じの駅の柱と遠くに腕木式信号機。
昭和の香りがする。



2004年1月 八戸線 陸中八木駅

Fuji TREBI100C Canon EOS1VHS EF28-70mm f2.8L他
★出発★
朝日がまだ黄色く色づいている中、列車は駅を出発してきた。
構内の信号機が見送りだ。




2004年1月 八戸線 陸中八木駅(岩手県)

Fuji TREBI100C Canon EOS1VHS EF70-200mm f4.0L
★僕はパノラマカー★
連絡事項です。
友人の「なお」さんがこの度写真集を発刊しました。
私も実際に手に入れて見ましたが、素晴らしいです。
これにあわせてブログも開設したようですのでリンクしました。
ブログからもこの写真集が購入出来るようですので興味のある方は是非見てみてください。

私も昔は名古屋在住だったのでパノラマカーはなじみのある車両です。
★太陽のシグナル★
光を透けさせて表示する腕木信号機は角度によっては太陽の光も透過する。
太陽の光によって色が浮かび上がった。




2004年1月 八戸線 陸中八木駅(岩手県)

Fuji RVP100 Canon NewF-1 NFD80-200mm f4.0L
★夕空へ向かって★
太陽は雲間に落ちてしまったが、まだオレンジ色に染まる空は健在。
その空へ吸い込まれるように列車は走っていった。
炭坑でのカンテラをイメージした部分がシルエットとなった。





2004年1月 くりはら田園鉄道(廃線) 鶯沢-鶯沢工業高校前(宮城県)

Fuji RVP100 Canon NewF-1 NFD300mm f2.8L
★太陽の道★
雲間から射した光が二条のレールをてらした。
奥まで続く道はか細く伸びていた。
もうまもなく光は雲に遮られる。




2004年1月 くりはら田園鉄道(廃線) 鶯沢-鶯沢工業高校前(宮城県)

Fuji RVP100 Canon NewF-1 NFD300mm f2.8L
★夕空バックに★
空が黄金色になってきた。
光り射す空に列車はシルエットで走っていった。




2004年1月 くりはら田園鉄道(廃線) 津久毛-杉橋(宮城県)

Fuji RVPF Canon NewF-1 NFD80-200mm f4.0L
★腕木3態★
青い空に信号機が腕を広げてそびえ立つ。
腕木式ながらではの存在感がある。



長く延びる線路には先を想う旅情がある。
信号機がまたさらにそれにエッセンスを加える。
3928_22_.jpg


背後からのシルエット。
色灯ではこの感じは出ないだろう。
3928_24_.jpg


2004年1月 くりはら田園鉄道(廃線)沢辺駅(宮城県)

Fuji TREBI100C Canon EOS1VHS EF17-35mm f2.8L
★83年8月山陽九州四国4日目-3-博多駅★
10:05分発の「有明」7号は西鹿児島までのロングランだが、ボックス席の581系使用だった。



続きを見る...
★青信号進入★
冬の青くが広がる空をバックに青信号へ進入していく。
今日も安全運行。




2004年1月 くりはら田園鉄道(廃線) 沢辺駅(宮城県)

Fuji TREBI100C Canon EOS1VHS EF17-35mm f2.8L
★風格★
くりでんの沢辺駅駅舎。
昭和の香りがする古風な駅でした。
何度見てもいい雰囲気でした。
「残そう孫子のために」の文字も今となってはむなしい限りです。





駅の看板に日が当たっていたので太陽を入れて見上げるカットに。

3928_03_kd95.jpg


この駅舎はいまも建物だけは残っているはず。

2004年1月 くりはら田園鉄道(廃線) 沢辺駅(宮城県)

Fuji TREBI100C Canon EOS1VHS EF28-70mm f2.8L他
★正月飾りと腕木信号機★
正月の運転では正月飾りが付いていた。
今や珍しい腕木式信号機にピントをあわせてしまったため、ちょっとわかりづらくなってしまった。
太平洋側なのでこの年は雪のない正月だった。




2004年1月 くりはら田園鉄道(廃線) 沢辺駅(宮城県)

Fuji RVP100 Canon NewF-1 NFD300mm f2.8L
★朝日を背に★
走り去る列車の頭上に太陽が顔をのぞかせた。
ちょっと露出オーバー




2004年1月 くりはら田園鉄道(廃線) 津久毛-杉橋(宮城県)

Fuji RVP100 Canon NewF-1 NFD80-200mm f4.0L
★冬晴れ★
たいへ側の冬らしく青く澄んだ空が広がっていた。
低い高度ながらもまぶしい太陽が車体を照らす。




2004年1月 くりはら田園鉄道(廃線) 大岡-沢辺(宮城県)

Fuji TREBI100C Canon EOS1VHS EF17-35mm f2.8L
★栗駒山★
くりでんのシンボルである栗駒山。
雲はかかってしまったが、裾のだけでもその雄大さが伺える。




2004年1月 くりはら田園鉄道(廃線) 杉橋-鳥矢崎(宮城県)

Fuji TREBI100C Canon EOS1vHS EF70-200mm f2.8L
★日の出★
日が差し始めた。
弱々しい光ではあるがレールを光らせるには十分。




2004年1月 くりはら田園鉄道(廃線) 杉橋駅(宮城県)
Fuji RVP100 Canon EOS1nHS EF85mm f1.8
★夜明け前4★
空の明かりがだいぶ明るくなると地表の逆光になるところは相対的に暗くなる。
そろそろ日が昇る。




2004年1月 くりはら田園鉄道(廃線) 杉橋駅(宮城県)
Fuji RVP100 Canon EOS1vHS EF70-200mm f2.8L
★ 夜明け前3★
徐々に明るくなる空、ただ信号機の明かりはまだ生える様な暗さ。




2004年1月 くりはら田園鉄道(廃線) 沢辺駅(宮城県)
Fuji RHPIII Canon EOS1nHS EF70-200mm f2.8L
★夜明け前2★
出先なので写真ネタが制限されて同じようなカットになってしまいます。

沢辺で交換してきた列車はやはり日が昇らないうちにやってきた。





2004年1月 くりはら田園鉄道(廃線) 沢辺-津久毛(宮城県)
Fuji RHPIII Canon EOS1nHS EF70-200mm f2.8L
★夜明け前★
あけましておめでとうございます。
今年もまた旧作中心になりますがよろしくお願いします。

で、1月は2004年をお送りします。

写真は1月1日撮影で、日の出前空が赤くなっていくところを1番列車が走っていった。

3923_35_kd95.jpg


2004年1月1日  くりはら田園鉄道(廃線) 沢辺-津久毛(宮城県)

Fuji RHPIII Canon EOS1nHS EF70-200mm f2.8L

Copyright ©   2005 ぱれお allrights reseved. Powered By FC2 allrights reserved.