よろずtrain photo blog
過去の写真放出のブログです
★小春日和★
あれ?小春日和って秋でいいんだっけ?とあやふやながら雰囲気がそんな感じなので
こんなタイトルに。
バックのぼけたすすきが良い感じだった。
こんな穏やかな感じのモノが11月のラストカット。




2003年11月 飯山線 桑名川駅(長野県)

Fuji RVP100 Canon EOS1vHS EF70-200mm f2.8L
スポンサーサイト
★紅い額縁★
線路沿いの紅葉が綺麗に紅くなっていた。
列車を覆うような構図になっていたので額縁のように使ってみた。




2003年11月 飯山線 区間失念 (長野県)

Fuji RVP100 Canon EOS1VHS EF70-200mm f2.8L
★83年8月山陽九州四国4日目-2-博多★
一度ホテルに戻って8時前に駅へ戻る。
ちょうど8時12分発の「まつかぜ」が入線していた。
ネガの退色がひどく、モノクロに変換しました。




続きを見る...
★霜の降りた朝★
寒い朝、地表には霜が降りていた。
まだ光の届かない地は白い世界になっていた。




2003年11月 信越本線 古間-黒姫(長野県)

Fuji TREBI400 Canon EOS1nHS EF28-70mm f2.8L
★未明の走り★
まだ明けやらぬ山あいを列車はライトもまぶしく通り過ぎていく。
周辺の山々は既に枯れ木になっているのが見て取れた。




2003年11月 信越本線 黒姫-妙高高原(新潟県)

Fuji TREBI400 Canon EOS1nHS EF70-200mm f2.8L
★銀杏と社★
鮮やかに黄葉した銀杏が小さな社の脇に生えていた。
ちょっと苦しい構図だが、背後に列車が通り過ぎた。




2003年11月 只見線 区間失念・・(福島県)

Fuji RVP100 Canon EOS1VHS EF70-200mm f2.8L
★アクセント★
天気が悪く、非常に暗い状態だった。
そんな中でも一応、色の付いている木をアクセントにしてまとめてみた。




2003年11月 只見線 会津宮下-早戸(福島県)

Fuji RVP100 Canon NewF-1 NFD50mm f1.4
★紅い葉★
川沿いに鮮やかな紅があった。
ちょっと無理矢理だが、それを使って一枚。




2003年11月 只見線 会津宮下-早戸(福島県)

Fuji RVP100 Canon EOS1VHS EF70-200mm f2.8L
★彩り少なく★
紅葉した山をバックに入れたのだが・・色づきが悪く、無彩色に近い世界に。
機関車のマークだけが目立っていた。




2003年11月 磐越西線 山都-荻野(福島県)

Fuji RVP100 EOS1VHS EF70-200mm f2.8L×1.4
★柿もぎ★
ちょうど柿の収穫の時だった。
はしごを使って柿を次々にもいでいく。
甘い柿はとれただろうか?




2003年11月 磐越西線 山都-荻野(福島県)

Fuji RVP100 Canon EOS1vHS EF28-70mm f2.8L
★あとおい2★
まだ霧が晴れやらぬ路を列車は淡々と走っていった。
平地はまだ紅葉が進んでおらず、緑の木が目立った。




2003年11月 山形鉄道長井線 梨郷-西大塚(山形県)

Fuji RVP100 Canon EOS1vHS EF70-200mm f2.8L
★あとおい★
影になって暗くなっている車体に辺りの木々の色がほんのり映る。




薄いながら逆光に映えた紅葉がさわやかだった。
こういった雰囲気は後追い撮影がなんか似合う。

3902_06a_dc52.jpg


2003年11月 米坂線 羽前沼沢-伊佐領(山形県)

Fuji RVP100 Canon NewF-1 NFD500mm f4.5L
★稲干し★
この付近は田植えが遅いせいか稲刈りも遅く、11月になっても稲が干してあった。
南東北では珍しい、串刺し型だ。




2003年11月 米坂線 萩生-羽前椿(山形県)

Fuji RVP100 Canon EOS1VHS EF28-70mm f2.8L
★秋空高く★
この場所は紅葉はいまいちな感じだったが、空は綺麗だったので大きく入れて撮影。





2003年11月 米坂線 羽前椿-手ノ子(山形県)

Fuji RVP100 Canon EOS1vHS EF28-70mm f2.8L
★83年8月山陽九州四国4日目-1-博多★
こちらの旅行記?も再開します。

翌朝、早い時間から博多駅に向かう。
長崎、佐世保からの普通夜行「ながさき」がホームに停まっていた。
5時26着




続きを見る...
★赤い葉★
黄色い紅葉もいいが、やはり赤いのは鮮やかさと派手さが違う。
霧が晴れやらぬうちのカットであるが、手前に鮮やかな木を入れることにより
ちょっと引き締まった感がある。




2003年11月 米坂線 伊佐領-羽前松岡(山形県)

Fuji RVP100 Canon EOS1vHS EF28-70mm f2.8L
★霧の朝4★
この日は午前中のほとんどが霧に覆われていた。
場所を変えて紅葉を撮ろうと思っても霧の中のため、紅葉から列車のライトねらいに変えた記憶がある。
 前照灯の光芒が印象的だった。




2003年11月 米坂線 小国-越後金丸(山形県)

Fuji RVP100 Canon EOS1vHS EF70-200mm f2.8L
★色づく谷★
紅葉と言うよりは枯れて茶色くなった葉のある木であるが、それでも緑1色だった。世界に彩りを添えるモノには変わりはなく、秋を演出する。




2003年11月 米坂線 伊佐領-羽前松岡(山形県)

Fuji RVP100 Canon EOS1vHS EF28-70mm f2.8L
★霧の朝3★
時間とともに深まる霧。
あたりをさらに白い世界に覆っていく。
そんな中、踏切のシグナルが再び鳴る。




通過する列車のディティールも怪しいくらいに白く覆われてしまったが、赤色だけが目立っていた。

3900_14_dc48.jpg


2003年11月 米坂線 萩生-羽前椿(山形県)

Fuji TREBI400 Canon EOS1nHS EF70-200mm f2.8L
★霧の朝2★
色を失った白い世界に赤いテールランプが鮮やかに輝いていた。
霧の時は幻想的な世界になる。




2003年11月 米坂線 萩生-羽前椿(山形県)

Fuji TREBI400 Canon EOS1nHS EF70-200mm f2.8L
★霧の朝★
霧の立ちこめた朝、辺りは乳白色の世界に染まっていた。
それを切り裂くようにシグナルの赤が光り、やがて朝の列車がやってきて去っていった。



3900_06_dc48.jpg

3900_07_dc48.jpg


2003年11月 米坂線 萩生-羽前椿(山形県)

Fuji TREBI400 Canon EOS1nHS EF28-70mm f2.8L
★静かな駅★
とっぷりと暮れた夜。
誰もいない駅に列車は静かに着いて去っていった。




2003年11月 米坂線 犬川駅(山形県)

Fuji TREBI400 Canon EOS1nHS EF28-70mm f2.8L
★S57-1 上野駅8★
だいぶ間が空いてしまいましたが、ネガ写真の公開を再開します。

上野駅17番線には青森行き「みちのく」が入線、常磐線経由の日中、唯一の青森行きだ。
23時50分に青森について青函連絡船の夜行便に接続する。
14時48分発




14番線には山形行き「やまばと」3号が入線。
4号で入線して折り返しだ。同じ愛称で折り返すパターンは意外に珍しいかも?
山形までの行路は今は新幹線の「つばさ」がその役を担っている。

0015_31nec485.jpg


18番線には青森行き最終「はつかり」11号が入線。
北海道から来た1500番台だ。
「はつかり」はこの11号に「1M」が冠され、北海道連絡の重要な列車であることを表している。
青函連絡船をへて、特急「北海」「北斗」乗り継ぎで札幌着は明日の朝9時前後だ。
手前の17番線は常磐線の普通[425レ]平行である。

0016_00nec485.jpg


1982年(昭和57年)1月 東北本線上野駅
Fuji F-II OLYMPUS XA-2
★薄暮時★
闇夜の前、空にまだ茜色が残るが地表はだいぶ暗い。
低速シャッターで列車を光の線にした。




2007年11月 米坂線 犬川-今泉(山形県)

Fuji TREBI400 Canon EOS1nHS EF28-70mm f2.8L
★霧の晴れた朝★
立ちこめていた霧が晴れてきた谷に光が差し始めた。
太陽の方にまだ霧があるせいか残った霧が不思議な色となった。




2003年11月 米坂線 手ノ子-羽前沼沢(山形県)

Fuji RVP100 Canon EOS1VHS EF70-200mm f2.8L

★黄昏シルエット★
雲が光る黄昏時、列車は綺麗なシルエットとなった。




2003年11月 米坂線 西米沢-成島(山形県)

Fuji RVP100 Canon EOS1VHS EF70-200mm f2.8L
★山里の秋★
箱庭のような山里に訪れた秋の風景。
紅葉がもうちょっと鮮やかだったら良かったのにね。





2003年11月 米坂線 手ノ子-羽前沼沢(山形県)

Fuji RVP100 Canon EOS1vHS EF70-200mm f2.8L
★おもひでぽろぽろ★
柿の木が生い茂っていた、ここ高瀬は映画おもひでぽろぽろの舞台になった駅。
通る列車も、駅の様子も変わってしまったが、谷の雰囲気は昔から変わらない。




柿の木を横目に列車が到着した。

3899_12_ec419.jpg


2003年11月 仙山線 高瀬駅(山形県)

Fuji RVP100 Canon EOS1vHS EF70-200mm f2.8L
★紅葉★
山影の手前の紅葉に光が当たっていた。
バックの暗さの対比で綺麗だったので切り撮った。




2003年11月 仙山線 作並-八ツ森(臨)(宮城県)

Fuji RVP100 Canon EOS1vHS EF70-200mm f2.8L
★紅葉の山★
すっかり赤茶色になった山々が秋の深まりを告げる。
快晴の気持ちのいい日の一コマ。




2003年11月 仙山線 八ツ森(臨)-奥新川(宮城県)

FujiRVP100 Canon EOS1vHS EF70-200mm f2.8L

Copyright ©   2005 ぱれお allrights reseved. Powered By FC2 allrights reserved.