よろずtrain photo blog
過去の写真放出のブログです
★すすき浮き立つ★




早いもので10月も終わりです。

10月最後の写真は10月の象徴のようなススキのカットです。
フィルムではもうちょっとコントラストがあったのですが、スキャンは難しいですね。

1998年10月18日 東北本線 本宮-杉田(福島県)

Kodak E100S+1 Canon New F-1 NFD300mm f2.8L(だったはず?)
スポンサーサイト
★雨の紅葉★
 ちょっと今更になってしまいましたが、先週土曜日から今週の木曜日まで友人達が
写真展を開催しております。

http://www.ne.jp/asahi/yokohama/takeshi/gon/

私は日曜日に行って来ましたが、いい感じでした。
もう平日しかありませんが、お近くに寄られた方は是非いってみてください。






紅葉のシーズン到来である。東北の山々は10月中旬から色づき始め下旬には見頃を迎える。
 ただし、今年はちょっと遅いようですが。。
この年も10月下旬ではやや早かったようで、雨に濡れる紅葉をと思ったらちょっと色づきがいまいち。。

1998年10月31日 岩泉線 押角-岩手大川(岩手県)

Kodak E100S+1 Canon New F-1 NFD80-200mm f4.0L
★単機がいく★



一仕事終えたディーゼル機関車が寝床の盛岡を目指してゆっくりと走っていった。

1998年10月 山田線 陸中川井-腹帯(岩手県)

Kodak E100S+1 Canon New F-1 80-200mm f4.0L
★迫り来る★



夕方の光をたっぷり浴びて貨物列車がやってきた。
迫り来る列車を広角レンズで撮りました。

1998年10月 東北本線 本宮-杉田(福島県)

Fuji RDPII Canon New F-1 NFD24mm f2.0(だったかな?)
★天気回復★



夕方になって日が差し始めてきた。
頭上にはまだまだ厚い雲がかかっていたが西が晴れたため列車には綺麗に日が当たった。

1998年10月 東北本線 本宮-杉田(福島県)

Fuji RDPII Canon New F-1 NFD80-200mm f4.0L
★青空シルエット★



地表に日は差していなかったが空には表情があるため思い切ってシルエットにしてみました。
ちょうど列車も窓の大きい車両だったのでいい感じに透けた。

1998年10月 東北本線 金谷川-南福島(福島県)

Fuji RDPII Canon New F-1 NFD50mm f1.4
★秋の風景★



稲刈りが終わって干してある稲の横を列車が駆け抜けていく。
日本の秋の正当派の風景だ。

1998年10月 磐越東線 赤井-小川郷(福島県)

Canon New F-1 NFD80-200mm f4.0L Fuji RDPII
★S57-1上野6★



再び上野駅へ、18番線には会津若松行きの特急「あいづ」が鎮座していた。
文字のヘッドマークのボンネット車だ。
 13:03発


0014_28nec183.jpg


高架ホームには季節特急の「白根」がいました。
この特急はホントたまにしか動いておらず、時刻表には載っているのですが運休中の文字が多かった気がします。


0014_36nec401.jpg


同じく高架ホームには「ひたち」の脇に401系初期車の低運転台車が、
しかし逆光になるとすごい描写ですな。。

1982年1月 東北本線上野駅 
Fuji F2 OLIMPUS XA-2
★空からの光★



雲の多い空から光が差し始めた、その光が光跡となって空から注いでくる。

1998年10月 陸羽東線 西岩出山-池月(宮城県)

Fuji RVP+1 Canon New F-1 NFD50mm f1.4
★まだ緑★



有名な鳴子峡をいく列車です。
ちょっと紅葉にはまだ早かったです。
わずかな光の区間のため、列車が来る時間になるとカメラから目が離せなくなります。

1998年10月 陸羽東線 鳴子-中山平

 Fuji RVP+1 Canon New F-1 NFD85mm f1.8
★ススキの小路★



走り去る列車の路をススキが生えて行く先を案内しているかのよう。
またこんな風景が撮りたいですね。

1998年10月 陸羽東線 立小路-羽前向町(山形県)

Fuji RDPII Canon New F-1 NFD500mm f4.5L
★秋空に★



雲が綺麗な秋空の築堤を列車は空を翔るように走っていった。

1998年10月 陸羽東線 中山平-堺田(宮城県)

Fuji RDPII Canon NewF-1 NFD35mm f2.0
★夕照★



日が傾き、サイドからの光になった。
澄んだ青空に光る車体が映える。

1998年10月 磐越西線 喜多方-山都(福島県)

Fuji RDPII Canon New F-1 レンズ不明
★黄昏の鉄路★



列車が去った後、何事もなかった様に飛び交うトンボ達。
10月の鉄路の主役はトンボにススキかな?

1998年10月 磐越西線 喜多方-山都(福島県)
★トンボ飛び交う★



前々回のアップの続きですが、接近する列車の周りには次々と飛び立つ物体があった。
列車の風圧で驚いて飛び交うトンボの姿が光に照らされてあたりにちりばめられた。
こんな風景を見てしまうと再訪したくなる。

1998年10月 磐越西線 喜多方-山都(福島県)
★83年8月山陽九州四国2日目-last-伯備線★



第10ランナー 伯備線[926M] 米子発岡山行
 伯耆大山14:03 → 14:59生山 乗車距離47.8km 乗車時間56分

伯耆大山からは電化された伯備線で南下。
上越線から来たらしく行き先には「越後湯沢」の文字が。。
 この後記憶喪失に(^^;

続きを見る...
★ススキの路をいく★



線路脇に生えたススキが列車の行く手を示しいた。
ススキを影で踏みしめるように列車がやってきた。
あたりはトンボが飛び交う秋の一日。

1998年10月 磐越西線 喜多方-山都 (福島県)
★秋の風景★



秋の朝方稲を干してある田圃の脇を団体列車が通り過ぎていった。

茶色と赤の風景がちょっと秋色を感じさせる。

1998年10月 磐越東線 赤井-小川郷(福島県)
★ススキの季節★



そろそろ各地でススキが見頃になっている頃です。
線路脇のススキをメインにバックに列車を配してみました。

1998年10月 磐越東線 要田-船引(福島県)
★収穫時★



10月になりました、実りの季節です。
あちこちで稲刈りが最盛期を迎えていて、天日干しをするためにはさがけを
している最中の田園の脇を列車が通っていった。

1998年10月 磐越東線 要田-船引(福島県)

Copyright ©   2005 ぱれお allrights reseved. Powered By FC2 allrights reserved.