よろずtrain photo blog
過去の写真放出のブログです
★夏雲の下で★



本来ここまで追っかけるつもりはなかったのですが、夏雲があまりにもすばらしいので来てしまいました。
 ホントは蒸機の煙があると良いのですが、この雲が撮れただけでもよしとせねば・・

2000年8月 磐越西線 笈川-塩川(福島県)

8月も終わりです。早くも今年はもう4ヶ月・・あっというま。


スポンサーサイト
★空は夏雲★



先日のエントリの蒸気機関車交換の後は会津に向かっていくC57「ばんえつ物語」号を追っていった。
 途中夏雲が綺麗なところで撮影したが、機関車がバックの緑に溶け込んでしまって空の雲は良かったんですがバランスとしてはいまいちな結果に。。

2000年8月 磐越西線 野沢-上野尻(福島県)
★S57-1 東京駅★



上野駅に一段落付けて東京駅に来てみました。
まずは特急「踊り子」5号 伊豆急下田・修善寺行 10:00発
今も変わらぬ185系であるが塗装が変わりましたね。
思えば185系ももう20年以上選手になりました。

0013_21npc20.jpg


 東京駅に来たお目当てがこれ、急行「銀河」これも「天の川」「新星」とともに寝台急行
であるがこれだけはトレインマークが実装されていた。

9:36到着


0013_25npc24.jpg


「銀河」の6分前に到着していた「あさかぜ」4号の回送が走り去っていった。
この列車も今はなきですが、当時は13両の長大編成。

いずれも1982年1月2日 東京駅 ORIMPUS XA-2
★夏の出会い★



この時はD51が会津側から、C57が新潟側から運転されて途中津川駅ですれ違いをするというイベントでした。
 双方から走ってきた蒸機が津川駅で出会う瞬間。
先に着いていたC57の明かりが見える中D51が駅へ滑り込む。

2000年8月 磐越西線 津川駅(新潟県)
★夏の緑★



逆光の中緑が綺麗な田圃越しに機関車がやってきた・・と思ったら煙なしでした。。
色が綺麗だからいっか。でもやっぱり蒸機は煙がほしいですね。

2000年8月 磐越西線 上野尻-徳沢(福島県)
★夏雲4★



前日のエントリーと同じ所ですが、「こんな所に蒸機が来たらいいなぁ」と思っていたらホントにやってきました。。

っていうのはウソでもともとこれを撮りに行っていました。
 いい感じに黒煙が出てくれて後ろの白雲といいコントラストになりました。

2000年8月 磐越西線 喜多方-山都(福島県)
★夏雲3★




壁のように立ちはだかる入道雲をバックに列車が川を渡っていった。

2000年8月 磐越西線 喜多方-山都(福島県)
★83年8月山陽九州四国2日目-04-米子2★
今回はまずは米子発着の急行列車3態から・・




 広島行きの急行「ちどり」のサボ。
 名前通りかわかりませんが、木次線を通るため江津、備後落合以外に出雲坂根
の3段スイッチバックでちょくちょく向きを変える。


0062_18aniwami.jpg


こちらは本来、益田からの「石見」この日は山陰水害で三保三隅から。
「いしみ」と読みそうですが「いわみ」です。


0062_23ansanbe.jpg


こちらは同じ山陰線急行ですが九州の博多まで乗り入れるため名前が違う。
さんべ3号鳥取発博多行のはずが、同じく三保三隅まで・・


0062_19andc23.jpg


境港線の気動車はバラエティー豊か。
キハ23が連結されていた。


0062_24andd51.jpg


10:11米子駅では主役級の「出雲」3号が到着。
DD51の42号機の牽引。


0062_27anpc14.jpg


数分停車するのでホームの反対側へ行くことが出来たので発車シーンも押さえておいた。

いずれも1983年8月14日 山陰本線米子駅
★夏雲あらわる2★



前回のと同じ場所だが時間が変わると刻々と雲の形が変わり、別の写真となる。

2000年8月 磐越西線 堂島-笈川(福島県)
★夏雲あらわる★



とても暑かったこの日、午前中から早々に入道雲が発生していました。

最近判ったのは入道雲の下は必ずしも雷雨になっているわけではないんですね。
雲の中は知りませんが・・・

2000年8月 磐越西線 堂島-笈川 (福島県)
★太陽の下で★



既に登り切った真夏の太陽が振りそそぐなか、タンク貨物が連なって走っていった。


2000年8月 磐越西線 広田-会津若松 (福島県)
★木陰★



暑い日涼を撮るとしたらやはり木陰。
機関車も木陰になるこのあたりから撮ると若干涼しい。

2000年8月 磐越西線 広田駅 (福島県)
★広田駅★



快晴に近い夏の朝、白い駅名票が青い空にのびていた。
今日も暑いけど天気が良い様に。

2000年8月 磐越西線 広田駅(福島県)
★流し撮り★



折り返しの列車のために機関車の入れ替えが始まった。

そのまま撮っても芸がないのでちょっと流してみました。

2000年8月 磐越西線 広田駅 (福島県)
★休息★



貨物の入れ替えをしている駅構内ではタンク車がじっと待機してる。
暑いので駅の待合室に逃げるが、その中から改札越しに。
 夏の日の一コマ。まだ8時くらいなんですけどね、すっかり昼のようです。

2000年8月 磐越西線 広田駅(福島県)
★83年8月山陽九州四国2日目-03-米子★



急行「白兎」のサボ。出雲市発京都行だが倉吉まで快速でそこから急行になる。
名前はもちろん因幡の白ウサギから。
8:02発

0062_09andc55.jpg


境港線の列車にはキハ55がついていた。
ちょっとぼけた・・

0062_10anpc20.jpg


駅構内の留置線には水害で運休中の「さんべ」5・6号用の車両が停まっていた。
サボはそのまま表示されていた。
 この列車も20系と12系の混結。


0062_12anec381.jpg


山陰線もこのあたりは1年前に電化されて特急電車がやってくる。
写真は「やくも」4号出雲市発岡山行
8:47着


0062_14andc181.jpg


さっき倉吉で見た「おき」3号がやってきた。
本来は鳥取発小郡行だが、これまた水害で三保三隅行。
8:50着

いずれも1983年8月14日 山陰本線米子
★出発準備★



機関車の中では出発準備が行われていた。
強い日差しが車体の丸い部分を光らせる。

2000年8月 磐越西線 広田駅(福島県)
★緑の絨毯★



緑に染まった稲の絨毯を踏みしめるように貨物列車の機関車が走ってきた。

田圃はもうだいぶ伸びているので稲越しで撮るとこんな感じです。

2000年7月 磐越西線 広田-会津若松 (福島県)

★朝露の稲★



今度は朝露の付いた稲を大きく入れて広角で撮ってみました。
こちらは稲に付いている一粒一粒がわかりますね。

2000年8月 磐越西線 姥堂-会津豊川(福島県)
★S57-1 上野 5★



空が明るくなってきた頃の上野駅地平ホーム。
「あけぼの」2号、4号に「ゆうづる」10号が一同に並ぶ。
6:40頃


0012_10nec485165.jpg


7時を回って発車する「ひばり」1号と急行「日光」1号「わたらせ」1号

急行の方は日光行きと小山経由高崎行きこんな列車もありましたね。



0012_19_pc20.jpg


7:24には常磐線経由の「十和田」4号が19番線到着。
 20系の編成であった。



0012_20_ec485.jpg


8:00発の「ひばり」3号は仙台方先頭車はボンネットでした。


0012_28nec485.jpg


8:04発は奥羽線経由秋田行きの「つばさ」1号。
いまは「こまち」にとってかわられています。

1982年(S57年)1月2日 東北本線 上野駅
★朝光のシルエット★



逆光線の中朝露の付いた稲の向こうをシルエットになった貨物列車が走っていった。

2000年8月 磐越西線 姥堂-会津豊川(福島県)
★山里の朝★
8月になりました、結局7月は1回も撮影に出なかったので8月はがんばりたいと思います。




夜通し走って来た貨物列車が山里に降りてきた。
朝特有のもやっとした空気があたりを包む。

3048_20_dd51.jpg


やや横にカメラを向けると太陽の光を反射させた列車が淡々と走っていった。

2000年8月 磐越西線 喜多方-山都 (福島県)

Copyright ©   2005 ぱれお allrights reseved. Powered By FC2 allrights reserved.